[NewsRelease] 『第一回フェーズフリー住宅デザインコンペ』開催のお知らせ

特定非営利活動法人フェーズフリー建築協会(東京都文京区)は、2017年1月17日より、設計・デザイン活動を行っている方や、それらを専攻している学生を対象に「第一回フェーズフリー住宅デザインコンペ2017」を開催いたします。
本コンペティションは、新しい概念である「フェーズフリー(※)」を切り口に、家の在り方や本当の意味での安心安全とは何かということを改めて考え、普段の暮らしがより豊かで快適、かつ災害の際にも役に立つ住まいの提案を募集します。
発表は2017年7月12日に公式ウェブサイトに掲示し、授賞式とシンポジウムを別途開催いたします。

※フェーズフリー(Phasefree)とは、平常時や災害時などの社会の状態に関わらず、いずれの状況下に於いても、適切な生活の質を確保する上で支障となる物理的な障害や、精神的な障壁を取り除くための施策およびそれを実現する概念です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【コンペ概要】
■ 募集テーマ
「災害時」でも「平常時」でも 安心して心地よく暮らせる住まい
~いつもの暮らしをもしもの支えに~

■ 目的
フェーズフリーという新しい概念を住宅に取り入れ、新たな発想や様々な視点からの具体的内容を募集し、フェーズフリー建築の普及啓発を図ることを目的としています。

■ 審査委員
三井所 清典 氏(アルセッド建築研究所代表・日本建築士会連合会会長)
目黒 公郎 氏(東京大学教授・日本地震工学会会長)
松崎 元 氏(千葉工業大学教授・プロダクトデザイナー)
フェーズフリー建築協会
フェーズフリー総合研究所

■ 賞
三井所清典賞/1点
目黒 公郎賞/1点
松崎 元 賞/1点
フェーズフリー建築協会賞/1点

■ スケジュール
①登録期間 2017年1月17日(火)~3月11日(土)
②作品受付期間 3月11日(土)~4月14日(金)
当日消印有効、送付のみ受付。持参は不可。
③審査結果発表 7月12日(水)
④表彰式・シンポジウム

■ 応募資格
個人、グループ、年齢、国籍、資格を問わず、国内外において、設計・デザイン活動を行っているもの、又はそれらを専攻している学生とします。複数点の応募も可能です。

■ 応募登録
コンペ専用ウェブサイトより登録してください。(2017年1月17日(火)~3月11日(土))
コンペ専用ウェブサイト http://phasefree-a.or.jp/compe2017

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ 本件に関するお問い合わせ
特定非営利活動法人フェーズフリー建築協会
『フェーズフリー住宅 デザインコンペ2017』係
担当:風祭(カザマツリ)
〒113-0034 東京都文京区湯島3-31-1 ストーク湯島4F
E-mail info@phasefree-a.or.jp
URL http://www.phasefree-a.or.jp


定例会議を行いました

新年になって最初の定例会議が開催されました。
今年は「第一回フェーズフリー住宅デザインコンペ」を企画しておりますので、そのコンペについての議論を中心に行われました。

日時:2017年1月10日(火)18:00~21:00
場所:文京区湯島


新建ハウジングDIGITALにも掲載されました

「新建ハウジングDIGITAL」に『フェーズフリー住宅デザインコンペ2017』の概要が掲載されました。 こちらのリンクからご覧になれます。

東京大学生産技術研究所で行われたミーティングの写真が掲載されています。
三井所先生、目黒先生、松崎先生、皆さんご多忙の所を調整いただき、キックオフミーティングが実現しました。このコンペの開催意義や、フェーズフリー建築について、和やかな雰囲気の中、熱い意見交換を行わせていただきました。

コンペの詳細については、2017年1月17日に公開します!




フェーズフリー住宅デザインコンペ ・キックオフミーティング

フェーズフリー住宅デザインコンペ2017に向けて、キックオフミーティングが開かれました。
建築の視点から三井所清典氏、防災の視点から目黒公郎氏、人間工学の視点から松崎元氏という、錚々たる顔ぶれです。
フェーズフリーという新しい概念を前提に、様々な専門的分野の視点により住宅を審査する、今までにない試みとなります。
コンペ概要についても近々告知しますので、ご期待ください。